輸入住宅の相場はいくら?

日本の住宅とは異なるデザインが魅力的な輸入住宅。そのデザイン性に憧れる人も多いでしょう。でも、どれくらいの費用がかかるのかわからない…そんな人のために、相場情報をまとめました。

茨城を対応している工務店の目安は?

調査によると、茨城県で輸入住宅に対応している工務店のうち、公表され判明している金額の目安は以下のようになります。

※30坪~40坪の価格目安です。

株式会社ニットーホーム 1,500万~3,000万円

オークヴィルホーム 1,630万~2,040万円

ブルースホーム 1800~3000万円

国のスタイルによる金額の違い

世界各国の家のデザインが実現できる輸入住宅。国のスタイルによって、住宅の金額が変わることに注意してください。

茨城で輸入住宅に対応し、なおかつ国のスタイルごとに金額が公表している情報をまとめました。

ノースアメリカンカントリ

ニットーホーム

  • 1,500~2,500 万円

オークヴィルホーム

  • 30坪 1630万円
  • 35坪 1825万円
  • 40坪 1965万円

フレンチカントリー

ニットーホーム

  • 1,500~2,500 万円

オークヴィルホーム

  • 30坪 1690万円
  • 35坪 1895万円
  • 40坪 2040万円

北欧

ニットーホーム

  • 2,000~2,500 万円

輸入住宅あるあるカスタマイズで変わる費用

輸入住宅の間取りを考えていくうちに、夢が膨らみ、あれもこれも…と希望を取りこんだ結果、費用がかさんでしまった!というのは、輸入住宅における「あるある」話。

具体的に、どのようなカスタマイズをすると、費用がかかってしまうのか、まとめてみました。

四角い部屋⇒パノラマの部屋

四角い部屋を、多角形に張り出したパノラマの部屋に変更すると、内外装の工事の手間、窓の数、カーテン工事費も割高になります。1か所につき、約40万円~ほどかかるといわれています。

リビング⇒吹き抜けリビング

リビングを、開放感のある吹き抜けに変更する場合、「天井や上の階の床が不要」になるため、その分だけ費用が安くなります。しかし、「高所作業の足場が必要」になるといった施工の手間がかかるため、結局はプラスマイナス0円に。

しかし、吹き抜けが大きく高かったり、手すりや窓の大きさ、装飾にこだわると、その分だけ金額が割高になります。

和室を設置

輸入住宅は基本的に洋室のみ。そこに和室を加えるとなると、追加費用が発生します。目安としては、6畳の洋室のフローリングを畳に変更するならおよそ10万円、壁や建具などに本格的な和室の建材を使うなら25万円ほど、といわれています。

クロス張替

室内のクロス壁を塗り壁に変更する場合は、工期が長くなるため、必然的に費用もかかります。1m²当たりの目安として、水性ペイント漆喰ローラー仕上げで約3000円、漆喰コテ塗り仕上げでおよそ5000円。部屋ごとに色を変えたり、材料を増やせば、さらに費用はかかります。

サーキュラー階段

エレガントな雰囲気のアイアン製手すりを設置した、緩やかな弧を描くサーキュラー階段。映画に出てくるようなこの階段を、一般的な階段から変更してつくる場合、シンプルなものは30万円から、装飾を豪華にしたり巨大なものにすると300万円以上かかることもあります。

まとめ

一生の買い物だからこそ、色々とこだわりたい輸入住宅。費用で悩むこともあるかもしれませんが、費用は絶対にこれ!というものではありません。輸入住宅メーカーによって細かい部分は異なりますから、気になったらどんどん輸入住宅メーカーに問い合わせてみましょう。