茨城で建てる世界の家輸入デザインブック » 輸入住宅Q&A » 輸入住宅でつかう建材の種類は?
 

輸入住宅でつかう建材の種類は?

輸入住宅で用いられる建材の多くは、北欧や北米から輸入されています。建材といっても特性はさまざまで、構造材なのか内装材なのかによっても選ぶべき木材は異なります。たとえば構造材は加工がしやすく耐久性の高いもの、内装材では木目の美しいものや傷に強いものなど、求める性能によって使い分けると良いでしょう。
このページでは、輸入住宅で用いられる建材について紹介します。風合いや強度などさまざまな特性がありますのでチェックしておきましょう。

オーク材

堅く、重く、しっかりとした材質で重厚感のあるオーク材。ブナ科コナラ属の落葉広葉樹であり、ナラ・ホワイトオーク・レッドオークなどの種類があります。希少なナラの代替として人気のあるホワイトオークに代わり、近年では木目の美しいレッドオークが人気を集めているようです。
オーク材は耐久性に優れており、長く使う大型家具やフローリング・ドアや階段、キャビネットに適した建材。また耐水性にも優れており、ウイスキーやワイン樽としても重宝されています。さらに魅力的なのが、害虫がつきにくく経年とともに色が褐色へと濃くなっていく点。そのため長く愛用しても劣化しにくく、時間経過とともに味のある色合いへの変化を楽しむことができます。

メープル材

摩擦や衝撃に強く、重さや堅さも充分にあるメープル材。メープル材にはハードメープルやソフトメープルなどの種類があり、なかでもシュガーメープルはメープルシロップの採れる木としても有名。カナダの厳しい寒さに耐える強さを持つ一方、乳白色の明るい色合いや穏やかな木目があたたかい印象を与えます。
メープル材はつるつるとした触り心地や明るい色合いが特徴的なため、シンプルで上品なイメージのある建材。ダイニングテーブルやテレビボードなど、ナチュラルでシンプルなインテリアを好む方に人気です。また、経年とともに明るい乳白色からあめ色へと変化していくのを楽しむこともできます。

パイン材

建材のなかでも柔らかく、加工がしやすいパイン材。マツ科の針葉樹から採れ、種類が豊富で採取地によって堅さや色、木目が異なります。パイン材といえばナチュラルな風合いが人気ですが、経年とともに艶がでるのも魅力的です。
また、穏やかな木目と“節”が多いことが特徴的。しかし節が多いことを好まない方も多く、以前のヨーロッパでは“節の多い木は、家具の建材としては美しさに欠ける“とされていたとか。しかし「ナチュラルであたたかみのある風合いがあり、加工がしやすく、安価」なパイン材は多くの人に好まれており、ドアやキャビネットなどに用いられています。ただし、柔らかいため傷がつきやすいのが難点。衝撃によるへこみや傷には注意が必要です。

ダグラスファー(米マツ)

平均で樹高50mともいわれているダグラスファー(米マツ)。強度がそこそこあり、長く尺の取れる建材のため、構造材として用いられることが多いようです。節が少なく、年輪が目立つのも特徴的。また脂を含んでいるため、しっかり乾燥させる必要があり、虫の害を受けないよう処理をしなくてはなりません。
内装材としてはドアや窓枠などに用いられており、北米からの輸入量が多いことでも知られています。

レッドシダー(米スギ)

樹高・胸高ともに非常に大きい木として知られているレッドシダー(米スギ)。柔らかさがあり軽く、割れにくく耐久性に優れているのが特徴的。水に触れても腐りにくいため、外装材やウッドデッキ、フェンスなどに用いられることが多いようです。
内装材としては羽目板や天井板などに用いられ、扱いやすい木材として需要のある建材です。

ツガ材

マツ科ツガ属の常緑針葉樹。淡い褐色をしており、まっすぐな木目と荒い木肌が特徴的です。乾燥しやすいものの割れやすく、脂が多いことがやや難点。建材としては柱や鴨居、敷居などに多く用いられています。