トミオ

トミオの注目ポイント

本社スタジオ「高品ヴィレッジ」で衣食住を楽しむ

本社スタジオには同社が手がけるインテリアショップや雑貨店、カフェなどが併設し、楽しみながら「私らしい暮らし」を具体的にイメージできます。保育士がいるキッズルームもあり、小さな子どもがいる家族もゆっくり家づくりを検討できるのも嬉しい。

毎週行われる完成見学会

毎週、引き渡し前の家を借りて完成見学会を行っているのも特徴的。それぞれに異なったこだわりある家を見ることができます。検討中の方は、自分たちが暮らしたい家のイメージを具体的に持つことができると人気。

引き渡し後も続くお付き合い

引き渡し後も、様々なサポートやイベントがあります。定期メンテナンスは1年・2年・8年・10年後に担当が訪問。また、毎年の夏祭り、マルシェ、ワークショップなども定期的に開催され、施主同士の交流の場となっています。

→茨城の輸入住宅メーカー
おすすめ10選

トミオの口コミ評判

家族を感じられる幸せ

もともと近所にトミオさんで建てた家が何軒かあって気になっていたんです。「かわいい家を作りたい」とお願いし、コンパクトながら親子がほどよい距離感で過ごせる間取りにして頂きました。お互いの気配を感じなが生活できて幸せです。

自分だけのスタイルの家ができた

トミオさんの家はどれもオシャレで趣味性が高いですが、決してスタイルが偏っていないんです。「ここなら自分だけのスタイルの家がつくれる」と思いました。間取りでは何度も相談しましたが、こちらの希望を何とか実現しようと頑張ってくれる姿勢に感激しました。

映画やドラマのセットみたいな家に

趣味の家具やグッズでレイアウトしたかったので、空間は極力シンプルに。外観はホワイトで仕上げたのですが、近隣の方が「中も見せていただけませんか」と訪ねてきたのには驚きました。本当に大満足の仕上がりです。

トミオの輸入住宅作りのこだわり

プランブックと呼ばれる住宅カタログから希望の住宅をオーダーする、アメリカ流の住まいづくりが特徴。選んだプランはシアトルの工場で作られ、半完成品の状態で輸入し、日本で組み立てます。アメリカ東部の海辺の家風スタイルや農家風スタイル、17世紀後半頃のイギリス風スタイルやスペイン地中海風スタイルの家など、様々なスタイルが用意されています。

トミオの輸入住宅の工法

「トミオでなければできないこと」を社員みんなで考え、扱いの難しい自然素材をあえて使用。品質にばらつきがある自然素材を構造物だけでなく、インテリアや雑貨にも活かし、木が生み出すあたたかみを取り入れています。工法は、作る家に合わせて造軸組(在来)工法、2×4・2×6工法などを選択しています。

トミオの施工事例

大人も子どもも楽しめるガレージハウス

トミオの施工事例1

引用元:トミオ公式HP(https://tomio.co.jp/works/426/?page_current=united-homes)

ヨーロッパのアパルトマンのような家

トミオの施工事例2

引用元:トミオ公式HP(https://tomio.co.jp/works/330-2/?page_current=united-homes)

イングリッシュカントリーの家

トミオの施工事例3

引用元:トミオ公式HP(https://tomio.co.jp/works/082_maman/?page_current=united-homes)

トミオの会社情報

所在地 千葉県千葉市若葉区高品町250-1
モデルハウスへのアクセス JR総武線「千葉駅」より、千葉内陸バス15番乗り場「四街道駅北口」行乗車5分、「高品坂下」下車徒歩3分 車でお越しの場合:京葉道路「穴川I.C」より5分
営業時間/定休日 10:00〜18:00/水曜日
施工エリア 千葉県全域、茨城県(神栖市・取手市・守谷市・龍ヶ崎市)、その他近県
販売形態 直売